働きマン

【仕事がつらい】転職に悩む女性に読んで欲しい働きマンの名シーン29選

働きマン

【仕事がつらい】転職に悩む女性に読んで欲しい働きマンの名シーン29選

f:id:rkaientai:20190815135313p:plain
働きマン

『今がつらくて転職を考えている人は、逃げるための転職にするのではなく、新たなチャレンジのために転職するんだ!という気持ちを準備していただきたい』

そんな人たちに向けてこの記事を作りました。

 

たくさんのマンガにたくさんの名言があります。

なかでも特に好きなマンガのひとつがこの【働きマン】なのです。

 

主人公は28歳の女性編集者、松方弘子!

男勝りな性格で仕事第一の彼女が、日々の仕事における様々なシチュエーションの中で思うこと、経験することをテーマにしたマンガです。

 

楽しく仕事している人はもちろん、いろんな悩みを抱えた人にオススメできます。良いところを全て抜粋したため29選という中途半端な数ですが、どうぞ最後までご覧ください。

 

【漫画】働きマンの名言・名シーン29選

まぁ「やりたい事をのんびりと」楽しくやってます。

くそ・・・こういうやつ見るとちょっと自分にギモンを持ってしまう。「会議に通る企画」、「読者が興味持つページ」作るためにガツガツ働いて・・・・・・いや、これでいいのだ!!

f:id:rkaientai:20190525224921j:image
働きマン

後輩の仕事に対する姿勢をみて、仕事にガツガツするという自分のスタイルに疑問を持ったようです。 とくに最近の社会ではこの様な経験に共感される方も多いのではないでしょうか?

 

「勘違い働き方改革」や一部の新入社員などに対して

この様に思う働きマンも多いはずです。

 

 

「やりたい企画」と「通る企画」は違うのだよ 

f:id:rkaientai:20190525225205j:image
働きマン

これもよくある悩みですね。

仕事の上で自分のやりたい事と、会社やお客さんに求められている事は必ずしも一致しませんよね。 頭ではわかってるんだけど・・・って方も多いでしょう!

 

何をするにもマーケティング思考は必須です。

 

 

はじめは持ってたのかもしれない

理想のようなものとか

美学のようなもの

f:id:rkaientai:20190525225251j:image
働きマン

初心を忘れないように、ということだと思います。

 

スキルを身に着けていくうえで、うっかりと失っていくものもあるのだと思います。

 

とくに「慣れ」というもの には要注意ですね。

慣れることは大切ですけども・・・

 

 

迷わず仕事をとる自分かっこいいなんて思ってない(全く)

そんなことどうでもいい

この先にあるものを思えば

f:id:rkaientai:20190525225118j:image
働きマン

 達成感を追い求めている人はまさにこのような感覚をもっているのではないでしょうか?

「この先にあるものを思えば・・・」

これぞ働きマンといったセリフです。

 

 

オレは「仕事しかない人生だった」

そんなふうに思って死ぬのはごめんですね

f:id:rkaientai:20190525225408j:image
働きマン

この言葉に共感する人は多いのではないでしょうか?

それに対する主人公、松方の感想が次のコレ! 

 

 

それもある それも多分あって 確かにその通り

でも、あたしは仕事したなーって思って死にたい

f:id:rkaientai:20190525225450j:image
働きマン

趣味や思想、様々な生き方があり、どれも人それぞれです。

その中でも仕事を一番大切に思っている人もいるわけです。 

 

 

「踏み越えず」

「適度に」

「余裕を持って」

ちくしょう、大人め!

(こういう人が出世すんだなー)

f:id:rkaientai:20190525225532j:image
働きマン

「大人」って何?と聞かれたら、こう答えたい!模範解答ですね。

 

でも意外とどれも難しそうな気もします。

だからこそ「大人」の定義なのでしょう。

 

 

休みは自転車で自然のある場所へ行ってぼんやり

日々のストレスなんてどっかいっちゃうね

気持ちよく仕事できるよ

何事もバランスだと思う

余裕なくすと自分を見失うから

f:id:rkaientai:20190525225632j:image
働きマン

自分の中にこーゆースタイルを持っていると上手くいくのでしょう。

 

悩んだ時、落ち込んだ時、 疲れてしまった時、

「こーすれば自分は上手くいく!」

「こーゆー環境に身を置けば自分を取り戻せる!」

といった具合に自身をコントロールする術を見つけると良いでしょう。

 

 

この世で行われている会議の7割は意味が無い

いや訂正

会議で話されている事の7割が無意味だ

仕事とかプライドとか

礼儀とか 真面目にやることとか

常識とか さまざまなこと

それの7割は無意味だ

いや訂正

意味などそもそもなくてもいいのだ

f:id:rkaientai:20190525225834j:image
働きマン

なんでもかんでも必ずしも意味が必要なわけではないようです。

 

「こーゆーもんだ」

「そーゆー風にできている」

と達観することも肝要みたいですね。 

 

 

自分の目の前の仕事全力でやることが

なんの役に立ってんだ?って思えて・・・

f:id:rkaientai:20190525225940j:image
働きマン

自分の仕事を望んでくれている人もいれば、そうでない人もいます。

 

そのどちらも含めて考えなくてはいけませんね。

考え出したらキリがないですけど利他の精神を忘れてはなりません。 

 

 

大昔、まだ現場に来たての頃やったミスだけど

職人たちは忘れやしない

(「また」とかまだ言われるし)

「すいません!」

「すいませんじゃ済まないんだよ!!」

「『済みません』なんだよ!!」

f:id:rkaientai:20190525230022j:image
働きマン

大切な謝り方です。

 

この様に言葉の意味を正確に知ることで、謝れば良いってもんではない時、その本質を考えるきっかけになるでしょう。 

 

上手な謝り方を知っている人は必ず大きく成長できると信じています。

 

 

「男に負けたくない」って思うからぶつかるんだって気づいて

力抜いたんです女らしく 女の子として扱ってもらおうって・・・

その代わり気を遣うことにしたら

みなさんかわいがって下さるようになったんです

ぶつかっちゃダメです

かわすんです

かわいがってもらっとけばいいんです

f:id:rkaientai:20190525230141j:image
働きマン

働く女性を助けるセリフですね。 

 

男社会も終わりを告げ、女性躍進となった現代ですが、その実態はまだまだといったところです。

 

女性が不利な職場もあるでしょう。そんな時、無理に男と競うのではなく、女性として上手く戦うことです!

 

 

いいか松方

勢いだけがこの世の中で必要とされてるわけじゃない

侘びしい夜も

侘びしい人もあっての世の中だ

特に今は

f:id:rkaientai:20190526214914j:image
働きマン

深い言葉ですね!

 

もっとガツガツ働いて、今の社会に切り込みたい!・・・でもできない。そんな松方の思いへの答えです。

 

勢いは大切ですけど、全ての人が望んでいるわけでもないってことを覚えておきたいですね。

 

 

今の世の中はだいぶ狂ってる

本当はみんなそう感じてる

だけどどうしていいかわからない

何もできない

f:id:rkaientai:20190526215041j:image
働きマン

大規模な事故が発生し、それを野次馬が各々のケータイで撮影してわいわいとしているシーンです。

 

人のあり方に疑問が待たれますが、確かにどう行動するのが正解なのか・・・といったシチュエーションです。

 

 

堂島さんの言ったことが実際ひどかったとしても

それに対して頭にきたとしても

あんなこと言う権利はなかった

「自分が放った言葉」で

一人の人が我を失うほどに怒った

それが問題

f:id:rkaientai:20190526230610j:image
働きマン

おっさんの女性を軽視した発言に松方が怒ったわけです。

 

そして「仕事ができないのを他人のせいにしてんじゃねーよ」的な事を言ったらおっさん(堂島)が我を失うほど怒ったのです!

 

この後注意を受けるのは松方の方なんですよね。

松方の気持ちはわかるけど、お前に人の事言う権利はないよ、と。

 

ーそんなもんなんでしょうか?

松方のいう事の方が正しい気がしましたけど・・・。

少し考えさせられましたね。 

 

 

一生懸命やって裏切られるのは嫌だ

裏切られて相手を憎むのも嫌だ

思い入れるな

頑張るな

フラットに円滑に進めるには

結局それが一番いい方法

f:id:rkaientai:20190526230748j:image
働きマン

 入れ込みすぎて失敗した人もいるでしょう。

空回りして思いが実らなかった人もいるでしょう。

 

でもきっとあなただけではなく、

多くの人が同じ思いを経験しているかもですよ。

 

 

コマを埋めるように生きてる人・・・

亡くなってからひとつ質問したい事が増えました

コマが埋まりきった時、人は死ぬんでしょうか

f:id:rkaientai:20190526231012j:image
働きマン

スケジュールを詰め込みすぎている人は気持ちに余裕がなくなっていませんか?

 

自分一人で抱え込みすぎて、いっぱいいっぱいになってはいませんか?

 

追い込むことも必要ですが、心を殺してしまうような働き方はしたくないものです。

ちゃんと余裕をもちましょう! 

 

 

ああ・・・あたしもそうだ

一人でやってる気になって誰もついて来なくてでもみんな同じように苦しんだり

悩んだりしながら打破してきてるんだ

暗闇の中で一人でいるように感じてたけど違う

沢山の先人達も同じような時があって

それぞれ越えてきてるんだ

f:id:rkaientai:20190526231200j:image
働きマン

自分だけなぜこんなに忙しいのだ、と思うことがあるでしょう。

 

上司から理不尽なことや、過去のうさんくさい経験談を基に

「自分の時はもっと大変だった。それに比べれば・・・」

と嫌味を言われることもあるでしょう。

 

なにくそと思いますが、そんな時にふと考えてみましょう。

「沢山の先人達も同じような時があってそれぞれ越えてきてるんだ」

 

 

すいませんふてぶてしくて・・・

でも入社してからは「根拠なき自信」が

一回全部崩壊しました

↑「一回崩壊した後いかに立ち直るか」なんだよなー

f:id:rkaientai:20190526231327j:image
働きマン

「根拠なき自信」これが解る人も多いのではないですか?

 

社会というものは案外厳しく、場合によっては完膚なきまでに叩きのめされることもあります。

 

しかしこの「自信」こそが成功の秘訣で得あることに変わりありません。つまり「 「一回崩壊した後いかに立ち直るか」なんだよなー」ってことなのです。

 

 

たいていのヤツはボールを「入社」に向かって投げるから

最高でも「届く」で普通はもっと手前で落下する

ところが目標を

「入ってから何をするのか」「どうなりたいのか」に設定すれば

自ずと遠くへ投げるから

結果として「入社」は飛び越えている

f:id:rkaientai:20190526231447j:image
働きマン

これもよくある話です。

 

ゴールをどこに設定しているかで、その結果が変わってきます。

 

学生であればテストの点数ですね。赤点以上を目指すか、平均点を目指すか、満点を目指すか。それによって結果が変わります。

 

社会人も同じで、一つの目標をゴールとするのか、通過点とするのかで到達点が変わります。 

 

 

仕事で会う人だってみんな常にキゲンがいいわけじゃねーじゃん

急いでいるとかハラこわしてるとかいろいろあるじゃん

面接もそれでいいと思うんだよね

いつだって自分にとってベストの状況が用意されてるわけじゃない

f:id:rkaientai:20190526231653j:image
働きマン

想定外の事は絶対にあり得ますよね。

 

面接や試験、その他の形式的な行事でも必ず不測の事態は起こるものです。

 

その時こそ実力や真価が問われます。常に備えておくことですね。 

 

 

自分の知らないところで誰かが働いている

遠くはなれた地球の裏側で

机をへだてたすぐ隣で

知らない仕事をしている

f:id:rkaientai:20190526231837j:image
働きマン

よく他人の仕事を批判している人を見かけます。

 

自分はその仕事をしたこともないのに、です。とても不思議なことなのですが、本当によくあることだと思います。

 

また、上司の無能ぶりを嘆く部下もいますね。 「自分だったらもっとうまくやるのに・・・」といった具合で。

 

その人とまったく同じ仕事をまったく同じ条件で経験してみないとわかるわけないのにです。

 

自分と同じ会社の同じ部署、同じ部屋の隣の席で、自分の知らない仕事をしていることだってあるのです。

 

 

あたしだって甘えられたらいいって思うよ

でもできないの!!

知ってんでしょ?

できない人間だっているの

 

必要以上に仕事頑張って感情セーブして自分にも他人にも厳しくなっちゃって

由美ちゃんとか梶さんみたいに可愛がられたりできなくて

f:id:rkaientai:20190526231954j:image
働きマン

甘えるのが苦手な女子もたくさんいますよね。

 

こーゆーときは男性側に期待しても無駄に終わる可能性があります。

 

それでは男に生まれた意味が無いので、こーゆー時、男性はとにかく一生懸命話を聴いてあげましょう!そして一生懸命、本音を引き出してあげることです。

 

※ 上画像は男性のダメな例ですね。

 

 

自分の中にある影を映し出す炎が要るだろう

要らないで済む奴が天才だ

その炎は山でも街でも何でも動物でも・・・なんでもいい

なんでもいいが女が一番良い

ただ困ったことには燃料たり得る女が少ないから

取り合いになるんだな  わっはっは!!!(爆笑)

f:id:rkaientai:20190526232128j:image
働きマン

これは一番の名言かもです。よく思いついたものです。

 

僕自身、「自分の中の炎」というものを漠然とイメージしていましたが、ここまでうまく言葉にまとめたセリフはありませんでした。

 

この漫画を読んだとき、「おぉ、これこれ」と思ったものです。

 

誤解しないでいただきたいのは、「女が燃料」という表現です。

決して女性軽視のものではなく、男性が一番頑張れるのは女性のためである時だってことです。

 

 

素直に「できない」って言うのが

投げ出してるみたいに思うならやるしかない

f:id:rkaientai:20190526232307j:image
働きマン

甘えることができない人は大抵この様に「できないと言えない」人であることが多いです。

 

そうすると「やるしかない」という結果になってしまいます。

きっとわかる人にしかわからないんだろうなと思います。

 

ポジティブに考えるなら、ここで共感できるパートナーに巡り合うことができれば、それだけで人生の多くが分かり合えそうです。

 

仕事から学ぶ恋愛もありそうです。 

 

 

仕事で失ったもの

それを想い泣いた夜

でも、仕事に救われる朝もあるから

f:id:rkaientai:20190526232420j:image
働きマン

人生で最もズタボロになる機会が多そうなのが仕事です。

 

だからみんなつらい思いをしているのでしょう。

しかし、そんな境遇から救ってくれるのもまた仕事であることが多いのです。

 

人から感謝されたり、褒めてもらえたり、自信につながったり・・・冷静に考えてみればこのように仕事に救われることもあるのです。

 

納得し難いかもですけどね。

そこはその仕事が好きか嫌いかで別れるのだと思います。

だからこそ、楽しく働くことができる環境を見つけてください!

 

 

ダメなもんをダメって怒ってもいいんだ

誰かに怒鳴られて殴られて、上 憎んだりもしたけど

「怒る」てのはそいつのこと引き受けるってことでもあるから

後から思うとありがたいよな

f:id:rkaientai:20190526232603j:image
働きマン

 怒るって本当に難しいですよね。

 

誰しも怒りたくないものです。

「あいつに怒っても無駄だから・・・」とか、「もぉ自分でやるからいいや・・・」と理由をつけて怒ることから逃げてしまう気持ちもわかります。僕も怒るの嫌ですから。

 

でも重要なのはここ、

「怒る」てのはそいつのこと引き受けるってことでもあるから

ってことです。

 

おこる側にも責任というものがあるわけですね。この責任がないまま怒ってくる人がいれば、そいつは無視しましょう!

 

 

↑「やってみせ 言ってきかせて させてみて

ほめてやらねば 人は動かじ」

そこまでやんねーと動かない奴はいらねえんだよ

、というように俺も怒ってたらな

会社どころか家族も誰もついてこねえんだコレが!!

うわはははははwww

(・・・おかしくないよ・・・?)

f:id:rkaientai:20190526232740j:image
働きマン

「怒ってもいい」というシーンへのアンサーシーンです。

 

山本五十六のこの言葉は大変有名ですよね。でも、わかっててもできないものなんです、上司サイドも。

1. やってみせる

2. 教えてみせる

3. させてみる 

4. 褒めてみせる

この手順を踏まないと人は動かないんですよ!人材育成は大変なんですよ!という言葉なのです。

 

この4ステップはとても忍耐が必要であるため、

1.やってみせて→2.怒るという短気な人もいるのです。

上司サイドも悩んでいるのです。

 

 

今までは自分さえ動けば

仕事が始まり 仕事が終わった

人に動いてもらうにはどうすればいいんだ

f:id:rkaientai:20190526232920j:image
働きマン

「人を動かす」という仕事における大きな大きなテーマに悩んだときのセリフがこちらです。

 

新入社員という立場であれば自らがガムシャラに動いて仕事をこなしていくべきです。

 

が、立場が変われば人を動かさなくてはならないようになります。

「人に動いてもらうにはどうすればいいんだ・・・」

山本五十六の言葉が沁みますね。

 

本当に難しいテーマだと思います。

 

 

~ 本記事まとめ ~

この作品を読むと本当の意味で前向きな気持ちになります。自分と同じ人がきっといるんだ、そんな人に出会いたい、そのために頑張ろう!という気持ちになれるのです。

 

この記事の名シーンでは逃げずに挑む姿勢ばかりが目立ちます。が、そこは人それぞれです。仕事をする上でもっとも重要なのは気持ちよく働くこと、そしてそんな環境が整っていることです。

 

とにかく、冒頭でも述べましたが、この記事を読んでくれた人に伝えたいことは以下のとおり。

『今がつらくて転職を考えている人は、逃げるための転職にするのではなく、新たなチャレンジのために転職するんだ!という気持ちを準備していただきたい』ということです。

 

今の世の中、つらい気持ちを抱えたまま働いている人が多すぎます。楽しくて楽しくて、もっともっと働きたい!そう思える環境を提供することが経営者の最優先業務です。

 

そんな人たちにこの漫画『働きマン』はとってもオススメです。

いますぐお近くの書店かブックオフ、もしくはアマゾンにて手に取ってみてください!きっとあなたの気持ちが救われることでしょう。

 

最後までありがとうございました。